ブラックベイ58の厚さや大きさは?bb58ブルーの魅力を徹底レビュー!

昨今話題のTUDOR(チューダー)の中でも、1、2の人気を争うブラックベイ58のブルー文字盤(M79030B)

そんなM79030BをKARITOKE(カリトケ)でレンタルしたので、ケースの厚さや大きさ、使用感についてレビューします。

T.A.
他にも、SNSから参考になる口コミをピックアップするなど、M79030Bの魅力を詳しくお伝えしていきます。

ブラックベイ58(M79030B)の厚さや大きさは?

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

ブラックベイ58にはこのM79030Bと、色違いのモデル(M79030N)があります。

M79030N
ブラックベイ フィフティエイト SSブレス 自動巻き ブラック [並行輸入品]

どちらもケースの厚さは約12mm、ケースの幅(大きさ)は39mmです。

ちなみに、ブラックベイには他にも41mmサイズのM79230Bや、GMTのM79830RBなど人気モデルがいくつもあります。

M79230B
ブラック文字盤 腕時計 メンズ (79230BBRACE) [並行輸入品]
M79830RB

参考までに、M79230BとM79830RBのケースの厚さと幅もチェックしてみましょう。

Ref. 厚さ
M79230B 約15mm 41mm
M79830RB 約15mm 41mm

この2つとM79030Bを比較すると、M79030Bのほうが厚さは約3mm、幅は2mm小さいのがわかります。

この小ぶりなサイズ感こそ、M79030Bの最大の特徴と言えるかもしれません。

実際に付け比べたり、横に並べたりすると、おそらく数値以上にサイズの違いを感じるでしょう。

特に39mmの幅は、昨今の一般的なダイバーズウォッチと比較しても小さいほうです。

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

手首周り17cmの私の腕には、ジャストサイズといった感じ。

ラグも完全に腕の中に収まっているので、決して大きすぎることはありません。

パネライのような大型ケースに慣れている人には、多少物足りなさを感じるかもしれません。

ただ、標準的な日本人の腕には非常に馴染みやすく、見た目にも使い勝手にも優れたサイズといえるのではないでしょうか。

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

シャツの袖にもすんなりと収まります。

職種にもよりますが、これならビジネスシーンでも問題なく使えそう。

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

重量は約133g(余りコマ分は含まない)で、気になるような重さではありません。

むしろ、適度に重量感があって、それが高級感や所有することの満足感にも繋がりそうです。

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

腕に乗せた瞬間のステンレスの少しヒンヤリとした感触も心地いいです。

ケースとブレスの重量バランスも、抜群といった感じ。

多少腕を振ってもケースの重みでグラグラすることがないので、安定感も申し分ありません。

このストレス知らずの使い心地によって、使用頻度も自然と高くなりそうです。

ブラックベイ58(M79030B)の評価・評判


M79030Bを購入した人も、購入を検討している人も、やはりサイズ感に対する高評価が多いですね。

他にも実用性、カラーリング、ブランドのネームバリューなど、トータルで良いといった声も。

M79030Bは発売から現在まで、ずっと並行相場が国内定価を超えているので、その点だけを捉えても常に人気があることがわかります。

チューダーの価格はロレックスのおよそ半分ですが、そのチューダーの中でもM79030Bは価格的には買いやすいモデル(40万円台前半)です。

当然、人気の背景にはその価格も大きく関係しているはずです。

ブラックベイ58(M79030B)の注目ポイント

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

  • ダイバーズウォッチとして十分な機能
  • 高性能の自社製キャリバーMT5402を搭載
  • レトロダイバーズを彷彿とさせる風防とブレス

T.A.
サイズ感以外にも、M79030Bの際立った魅力として上の3つが挙げられます。
それらについて、以下に詳しく解説します。

ダイバーズウォッチとして十分な機能

防水性能は200m。

スチール製のベゼルは、逆回転防止機能付きです。

また、針と文字盤は非常に見やすく、風防の反射や映り込みも全くと言っていいほど気になりません。

さらに、ブレスの作りも屈強で、コマ1つ1つも厚みがあって頼もしさすら覚えるほどです。

高性能の自社製キャリバーMT5402を搭載

搭載している自社製キャリバー「MT5402」のパワリザーブは約70時間。

最大で約3日間稼働し続けるスグレモノです。

また、文字盤にクロノメーター認定取得の表示がある通り、精度の高さも折り紙付きです。

レトロダイバーズを彷彿とさせる風防とブレス

風防にはドーム型サファイアクリスタル、ブレスレットにはリベット風ブレスが採用されています。

どちらもレトロダイバーズを彷彿とさせる雰囲気が魅力。

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

特に風防は横から見ると丸みを帯びているのがハッキリとわかり、その曲線を眺めながらついうっとりしてしまうことも。

その風防が耐傷性に優れたサファイアクリスタルである点も、評価に値するところです。

ブラックベイ58(M79030B)の惜しいところ

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

  • ベゼルがスチール製
  • リューズガードが無い

T.A.
個人的には、この2点が少し残念なところです。
以下に詳しく解説します。

ベゼルがスチール製

昨今10万円台のダイバーズウォッチにも、ベゼルにセラミック素材が使われていることは珍しくありません。

それに対して、40万円オーバーのM79030Bのベゼルがスチール製というのは、少し寂しい気がします。

スチールはセラミックに比べ傷が付きやすく、経年による色褪せも気になるところ。

見た目の高級感でも、スチールはセラミックには遠く及びません。

リューズガードが無い

M79030Bのリューズはサイズが大きめ。

しかも、リューズガードが無いため操作はしやすいです。

ただ、リューズに強い衝撃が加わった時に、折れてしまうリスクも持ち合わせています。

また、手をついた時にリューズが手の甲に食い込むことがあり、その点は使用感として快適とはいえません。

とはいえ、仮にベゼルをセラミックにし、リューズガードも有りにしたら、おそらくブラックベイのコンセプトとはかけ離れてしまうでしょう。

また、SS製のダーイバーズでセラミックベゼルというと、本家ロレックスのサブマリーナとキャラが被ってしまいます。

T.A.
そう考えると、やはりM79030Bはこのままがベストなのかもしれません(笑)

ブラックベイ58(M79030B)の定価とスペック

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

Ref. M79030B-0001
ケース 39mmのスチール製ケース、ポリッシュ&サテン仕上げ
ベゼル スチール製逆回転防止ベゼル
風防 ドーム型サファイアクリスタル
ダイアル ブルー
リューズ スチール製スクリュー式リューズ、チューダーローズの刻印、円形サテン仕上げのスチール製リューズチューブ
ブレスレット リベット付きスチール製ブレスレット、ポリッシュ&サテン仕上げ、フォールディングクラスプ&セーフティキャッチ
ムーブメント 自動巻き、自社製キャリバーMT5402(COSC)
パワーリザーブ 約70時間
防水性能 200m
定価(国内正規販売価格) 419,100円(税込)

ブラックベイ58(M79030B)のレビューまとめ

ブラックベイ58 厚さ 大きさ bb58 ブルー blackbay58 79030b 79030n 評価 評判 口コミ

ブラックベイ58のケースの厚さは約12mm、幅は39mmです。

その小ぶりなサイズ感こそが、最大の特徴なのかもしれません。

また、ダイバーズウォッチとして十分な機能性があり、ムーブメントも高性能、レトロダイバーズを彷彿とさせる風防やブレスも注目に値するポイントです。

セラミックベゼルのダイバーズのように、さすがにキラキラした派手さはありません。

ただ、そんな派手さを重視しない限り、これ以上魅力的なダイバーズは他を探しても、そうそう見つからないのではないでしょうか。

ブラックベイ58をレンタルできるサイト「カリトケ」
人気の時計ブログはこちら
#SHARE

T.A.
この記事がいいなと思ったら、ぜひシェアをお願いします!
おすすめの記事