TUDORレンジャー【79950】の魅力とは? デザイン、質感、サイズ感を徹底レビュー!
[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

2022年7月某日に、突如チューダーの公式サイトで始まったカウントダウン。

それは前年の「ペラゴスFXD」に続くチューダーの“隠し玉”的な新作を予感させるもので、多くの時計ファンの関心を集めました。

ノースフラッグのNEWモデル?

ブラックベイプロの白文字盤か?

様々な憶測が飛び交う中で登場したのは、おそらくファンの間でも誰も予想していなかった新しい「レンジャー」。

レンジャー【79950】は偉大な歴史をリスペクトしながら、現代の優れたマニュファクチュールキャリバー(MT5402)を搭載したモデル。

クイックアジャストクラスプの採用や、39mmという使い勝手のいいケースサイズも注目に値するところです。

あおしま
そんなレンジャーを発売直後から愛用している私が、詳しくレビューします。
スポンサーリンク

チューダー レンジャー【79950】のケースの厚さや重量は?

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気
レンジャーのケースサイズは、冒頭でもお伝えしたとおり39mm。

ケースの厚さは12mmです。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

全体の重量は3コマ外した状態で約135g。

※あとで余りコマ込みで測ったところ、約146gありました。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

ケースの上に、ぷっくり盛り上がった風防がレトロな雰囲気。

「薄くて着けやすい」という感覚もなければ、特に厚みを感じることもありません。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

同じケースサイズのブラックベイ58と並べてみると、文字盤の面積によるところか、やや大きく感じます。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

腕に乗せると適度に存在感があり、当初から大きすぎると感じることはありませんでした。

あおしま
参考までに、私の手首周りのサイズは17cmです。
チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

ケースとブレスの重量バランスは良く、着け心地についても特に不満はありません。

厚さ、大きさ、重量のどれをとっても「適度に存在感がある」という言葉が、このレンジャーにはしっくりきます。

どこにも物足りなさは感じられず、逆に使いにくさの原因となりうる過剰な部分も見当たりません。

あおしま
このサイズ感こそ、間違いなく私がレンジャーを気に入っている理由の1つです。

チューダー レンジャー【79950】の質感、デザイン、性能について

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気
レンジャーのケースとブレスは、ほぼ全ての部分がサテン仕上げ。

言い換えれば、ポリッシュの部分が極めて少ないのが大きな特徴といえるでしょう。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

スムースベゼルもサテン仕上げ。

そればかりかケースの側面も、ブレスに至ってはその全てがサテン仕上げになっています。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

なんと着用時には見えない、バックルの細部までもがサテン仕上げという徹底ぶり。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

ポリッシュの部分が極めて少ないため、細かなキズは目立ちません。

何気に指紋が目立たないのも嬉しいところです。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

文字盤はマットな質感のブラック。

インデックスは、スーパールミノバで描かれています。

黄緑がかったインデックスが、ツールウォッチとしての無骨さを表しているようです。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

文字盤は、一切凹凸がない平面的なデザイン。

それがほぼサテン仕上げのみのケースやブレスと相まって、いかにも“道具”的な雰囲気を醸し出しています。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

「RANGER」の表記しかないのは、おそらく視認性を考慮してのことでしょう。

そのせいで文字盤の空白が目立ち、やや間延びしたように見えてしまうのは気のせいでしょうか。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

ベゼルのエッジだけが、ポリッシュ仕上げになっています。

ポリッシュの輝きが盛り上がった風防と共に、単調になりそうな見た目に変化と質感を与えているようです。

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

全体的に高級感は、あまりないかもしれません。

かといって、チープな印象も全くありません。

レンジャーが探検家をリスペクトしたツールウォッチであることを考えると、これが最良の仕様と理解するのが正しいように思います。

チューダー レンジャー【79950】の評価・評判

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

TwitterやInstagram、YouTubeのコメント欄には、レンジャーに関する書き込みが多く見られます。

  • TUDORらしくて魅力的
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • ヴィンテージ感のあるデザインがたまらない
  • 39mmのサイズ感が良い
  • 昔のエクスプローラー(ロレックス)のような見た目がカッコイイ
  • 「道具感」が全面に出ていて、現行のロレックスにはない部分を補完してくれている

上記のようなポジティブなコメントが目立ちます。

  • インデックスと針のデザインが好みではない
  • 文字盤が平面的で安っぽく見える
  • 34mmか36mmで出してほしかった

逆にネガティブなコメントも、チラホラとですが見受けられます。

とはいえ、数で言えばポジティブなコメントの方が圧倒的。

以上のことから、レンジャーは「評判がいい」「評価が高い」といって間違いなさそうです。

チューダー レンジャー【79950】の定価とスペック

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気
Ref.M79950-0001
ケース39mmスチール製(サテン仕上げ)
ベゼルスチール製スムースベゼル(サテン仕上げ)
風防ドーム型サファイアクリスタル
ダイアルブラック
リューズ/プッシャースチール製スクリュー式
ブレスレットスチール製3列リング、「T-fit」セーフティキャッチ付きフォールディングクラスプ
ムーブメント自動巻き、マニュファクチュールキャリバー MT5402(COSC)
パワーリザーブ約70時間
防水性能100m
定価(国内正規販売価格)464,200円(税込)※2024年4月現在

レンジャーにはブレスレットのモデル(M79950-0001)の他に、下の2種類のバリエーションが存在します。

  • レザー&ラバーライニングのストラップ(Ref.M79950-0002)
  • ファブリックストラップ(M79950-0003)

定価はどちらも419,100円(税込)です。

ストラップのみを追加でオーダーして、付け替えを楽しむこともできます。

チューダー レンジャー【79950】のレビューまとめ

チューダー チュードル TUDOR レンジャー 新作 2022 79950 レビュー 評価 口コミ 評判 おすすめ 人気

レンジャーのブレスレットは、昨今のチューダーのモデルにありがちなリベットブレスではありません。

防水性能もブラックベイシリーズよりは劣る100m防水です。

ツールウォッチであるが故に

  • 洗練
  • 都会的
  • ラグジュアリー

といった要素も、レンジャーにはありません。

それでも、「T-fit」セーフティキャッチ付きフォールディングクラスプは、工具無しで簡単に8mmの長さを5段階で調節できます。

ブラックベイ58のブロンズ(Ref.M79012M-0001)やブラックベイプロ(M79470-0001)も「T-fit」ですが、「T-fit」が採用されているモデルはまだそう多くありません。

搭載するマニュファクチュールキャリバーMT5402は、約70時間のパワーリザーブで、クロノメーター認定を取得しているムーブメントです。

クロノメーター認定の基準が日差-4秒から+6秒であることからも、その精度の高さには信頼がおけます。

これだけのスペックを有していながら464,200円(税込)という価格設定は、どう考えても魅力的です。

以上のことから、レンジャーのコンセプトやキャラクターさえ理解していれば、手に入れて後悔することはまず有り得ないでしょう。

人気の時計ブログはこちら
#SHARE

あおしま
この記事がいいなと思ったら、ぜひシェアをお願いします!
スポンサーリンク
おすすめの記事