ブラックベイクロノ79360Nの質感や使用感を徹底レビュー!厚さや重さについても解説

TUDOR(チューダー)で今最も人気のあるモデルといえば、真っ先に思い付くのがこのブラックベイクロノ79360N(以下「ブラックベイクロノ」という)です。

ブラックベイクロノは、チューダーがクロノグラフの製造を開始してからちょうど50年目に当たる2021年に発表したアニバーサリーモデルといわれています。

ダイアルのカラーはブラックとホワイトの2種類ですが、この度ブラックを幸運にも入手できたので、質感やサイズ感などについてレビューします。

T.A.
おそらく多くの方が気になっているであろうケースの厚さや重さについても書いてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックベイクロノ(79360N)の重量、ケースの厚さ、大きさは?

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判
ブラックベイクロノのケースの厚さは約14mm、大きさ(幅)は41mmです。

ROLEX コスモグラフ デイトナ Ref.116500LN
腕時計 メンズ (116500LNWH) [並行輸入品]

よく比較されるロレックスのデイトナ(Ref.116500LN)はケースの厚さが約12mm、大きさは40mmなので、デイトナよりも一回り大きいサイズ感です。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

大きめのリューズとプッシャーが付いており、さらにラグ to ラグが50mmもあるせいか、41mmという数値以上に大きく感じます。

T.A.
参考までに、私の手首周りのサイズは17cmです。

とはいえ、ケースは勿論、ラグもしっかりと腕の中に収まっているので、決して大き過ぎることはありません。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

シャツの袖にも多少引っかかりはするものの、問題なく収まります。

約14mmのケースは確かに厚いものの、機械式クロノグラフとしては特筆すべきほどではないので、厚いケースが苦手でなければ十分許容できるでしょう。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

重量は約171g(余りコマ分は含まない)。

※あとで余りコマ込みで測ったら、約184gありました。

重量も比較的重いですし、実際初めて腕に乗せた時はズッシリとくるのを感じました。

T.A.
ただ、私の場合は半日ほど身に着けていたら、すっかり慣れてしまいました。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

意外だったのはケースとブレスの肌触りの良さで、装着感もとても良いです。

装着感の良さは、ケースとブレスの重量バランスが取れていることも一因なのかもしれません。

T.A.
総じてケースは大きく重さもあるわりには、着用時のストレスが少なく、日常的にも十分に使いやすいと感じました。

ブラックベイクロノ(79360N)の質感、デザイン、性能は?

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判
セラクロムベゼルとラッカー塗装の文字盤からなる現行のロレックス・デイトナは、光沢感がありラグジュアリーな雰囲気を漂わせています。

対して、このブラックベイクロノは、ベゼルも文字盤もマットな質感のため、デイトナのような華やかさはありません。

どちらかといえば、プロ仕様の計器といったイメージのほうがしっくりくるかもしれません。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

ラグ幅は22mmで、ブレスレットは見た目にもかなりガッチリとした印象があります。

メンズウォッチのラグ幅は18mm~24mmが一般的なので、そのことからもブレスレットの太さが容易に想像できるでしょう。

チューダー得意のリベット付きブレスレットの前面と裏面は、傷が目立ちにくいサテン仕上げになっています。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

サファイアクリスタルのドーム型風防や、リューズに刻まれた薔薇のモチーフなど、随所にヴィンテージを彷彿とさせるディティールが盛り込まれています。

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

質感やデザインばかりに目が行きがちですが、むしろ注目すべきは性能なのかもしれません。

ムーブメント(MT5813)は「ブライトリング 01」をベースに改良を加えられたもので、約70時間のパワーリザーブ、およびクロノメーター取得の高精度を誇ります。

“ブラックベイ=ダイバーズウォッチ”なだけに、リューズとプッシャーはねじ込み式で、防水性能も200mというハイスペックです。

T.A.
普段使いは勿論、海でも使用できる屈強さと防水性の高さも魅力的です。

ブラックベイクロノ(79360N)の評価・評判


ツイッターをチェックしてみると、ブラックベイクロノを所有している人の満足度はすこぶる高いのがわかります。

逆にデメリットを指摘するような呟きは、全くと言っていいほど見当たりません。

「正規店に通っているけど、なかなか買えない!」「市場価格が高騰していて、今後更に上がる可能性も・・・」といった呟きも散見されます。

以上のことから、ブラックベイクロノの評判は、かなり良いのは間違いありません。

市場価格が定価(605,000円)を超えているのも、ブラックベイクロノの評価が高いことを示す1つの要因といえるでしょう。

ブラックベイクロノ(79360N)は白と黒のどちらが人気?

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

結論から言えば、白のほうが人気のようです。

それを裏付けるように、白と黒の市場価格は次のようになっています。

ブラックベイクロノ(79360N)の平均市場価格
  • 白:1,008,666円
  • 黒:943,250円

※上記は、どちらも2022年6月17日現在の新品市場価格です。
参考:価格.com https://kakaku.com/

現状、白の人気が勝っている理由としては、次の3つが考えられます。

T.A.
あくまで私の推測なので、参考までに聞いてください(^^)
  • 黒いベゼルとの対比で、白文字盤がより魅力的に見えるから
  • 昨今の文字盤カラーのトレンドとして、黒よりも白のほうが注目されがちだから
  • デイトナも白のほうが人気があり、その影響を受けているから

とはいえ、文字盤カラーのトレンドも周期的に変わるので、将来的には黒の人気が白を上回る可能性も十分に考えられます。

実際に、白黒両方を所有している人が「最近は黒の魅力が勝りつつある・・・」といった内容をSNSで発信しているのをチラホラ見かけます。

そのため、どちらにしようか迷っているなら、現状の人気ではなく、自分の好きな色を選んだほうが良いのではないでしょうか。

そのほうが長い目で見た時に、後悔する可能性も少なそうです。

ブラックベイクロノ(79360N)の定価とスペック

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判

Ref. M79360N-0001
ケース 41mmスチール製(ポリッシュ&サテン仕上げ)
ベゼル 316Lスチール製固定ベゼル
風防 ドーム型サファイアクリスタル
ダイアル ブラック
リューズ/プッシャー 316Lスチール製スクリュー式
ブレスレット リベット付き316Lスチール製、フォールディングクラスプ&セーフティキャッチ
ムーブメント 自動巻き、キャリバーMT5813 (COSC)
パワーリザーブ 約70時間
防水性能 200m
定価(国内正規販売価格) 605,000円(税込)

ブラックベイクロノ(79360N)のレビューまとめ

tudor チューダー チュードルブラックベイクロノblackbaychrono 79360 79360n 白 黒 文字盤 評価 レビュー 口コミ 評判
ブラックベイクロノの重量、ケースの厚さ、大きさは、人によって好みが分かれそうです。

この重量およびサイズ感こそが、この時計を気に入るかどうかの最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。

スペックデータや既に所有している人のレビューを参考にするのも勿論“アリ”ですが、やはり百聞は一見にしかず。

実物をチェックするのが一番ですし、それによって印象がガラリと変わることも少なくありません。

現状、正規店でブラックベイクロノを目にするのは難しいものの、並行店であれば手に取ることもそう難しくはありません。

まだ実物を見ていなければ、ぜひ一度手に取って、質感、デザイン、文字盤の印象なども併せて確かめてみてはいかがでしょうか。

人気の時計ブログはこちら
#SHARE

T.A.
この記事がいいなと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 

おすすめの記事