アンダーン(UNDONE)エアロ(AERO)はどんな時計?特徴やスペックを詳しく解説!

2020年9月に発売されたアンダーン(UNDONE)のエアロ(AERO)。

ベゼルロックやドーム型のプラスチック風防をはじめ、クラシックな要素をふんだんに取り入れたアンダーンこだわりのコレクションです。

そんなエアロの特徴について、ありのままにお伝えします。

T.A.
良い所だけでなく、購入の際に注意したいことについてもハッキリと書いているので、ぜひ最後までチェックしてください。

⇒アンダーン(UNDONE)の公式サイトはこちら

エアロ(AERO)の4つの特徴

アンダーン UNDONE エアロ AERO 時計 特徴 スペック

  • 時計の歴史をリスペクトした伝統的なスタイル
  • パイロットウォッチとしての機能が充実
  • 機械式時計を手頃な価格で楽しめる
  • 既製品モデルをベースにしたカスタマイズが可能

T.A.
エアロの主な特徴は上の4つ。
以下に、それぞれの特徴について解説します。

時計の歴史をリスペクトした伝統的なスタイル

エアロは、エアーナビゲーション(航空航法)の第一人者として知られるウィームス米海軍大佐が開発した「セコンドセッティングウォッチ」をリスペクトして生まれたコレクションです。

幅広に設計されたベゼルとコンパクトなダイアルは、当時のデザインをそのまま活かしたスタイルです。

ヴィンテージウォッチによく見られるドーム型風防の曲線美も、時計好きの物欲を刺激する見逃せないポイント。

アイボリーにもベージュにも見えるダイアルと針は、経年によって色褪せた雰囲気を表しています。

パイロットウォッチとしての機能が充実

2時位置にあるのは、当時の時計にも採用されていたベゼルロック。

設定したベゼルが意図せず回転してしまうのを防ぐためのもので、当然見た目だけでなく、しっかりと機能します。

スクエアと数字のインデックス、および時分針には蓄光加工が施されていてます。

日中溜めた光のエネルギーは夜間や暗所にて解き放たれ、視認性の向上に大いに役立ちます。

ダイアルには時・分・秒を把握するための3種類の目盛りが記されています。

さらに、時針・分針・秒針の先が、それぞれの目盛りをピタリと指す構造になっているため、瞬時に時刻を読み取ることが可能です。

機械式時計を手頃な価格で楽しめる

エアロに搭載されているのは、TMI(SEIKO)製のCal. NH35という機械式自動巻きムーブメントです。

Cal.NH35は、毎時21,600振動で、40時間のパワーリザーブを誇ります。

精度については、常温の環境下では日差最大40秒程度といわれています。

これはエアロの価格が4万円台ということを考えれば、十分に納得のムーブメントといえるのではないでしょうか。

しかも、ケース裏面がシースルーになっているので、ムーブメントの動きを堪能することが可能です。

既製品モデルをベースにしたカスタマイズが可能

エアロは既製品モデルの2種類に加え、それらをベースにしたカスタマイズも可能です。

カスタマイズは、ダイアルや針の組み合わせを変更したり、ダイアルにテキストを入れたり、ケースバックにプリントを入れたりすることができます。

そのため、誰とも被らないオンリーワンの時計を作成することも可能。

ちなみに、カスタマイズの納期は、注文から最短で10~14営業日前後となっています(但し、支払方法によっては審査があったり、繁忙期には納期が遅れたりすることもあるので、この限りではありません)。

エアロ(AERO)のラインナップ(既製品モデル)

アンダーン UNDONE エアロ AERO 時計 特徴 スペック

  • AERO COMMANDO
  • AERO SCIENTIFIC

T.A.
エアロの既製品モデルは上の2種類。
以下に、それぞれのスペックなど詳細についてまとめてみました。

AERO COMMANDO

アンダーン UNDONE エアロ AERO 時計 特徴 スペック
出典:https://undone.co.jp/

AERO COMMANDOは、サンドブラスト加工が施されたブラックダイアルがシックな雰囲気。

アラビア数字のインデックスに、赤い秒針を組み合わせた視認性の高いモデルです。

AERO COMMANDO のスペック

材質 316Lステンレス(ケース)/レキサンポリカーボネート(風防)
ケースサイズ 40mm(幅)/15mm(厚さ)
ケース重量 66g
ムーブメント TMI NH35A/NH39(SEIKO Manufacturing H.K. Limited)
駆動方法 機械式自動巻き (21,600振動/時)
時刻精度 平均日差 ±20~40秒 (常温時)
防水性能 100m/10ATM (生活強化防水)
ベルト幅 20mm
腕周り 14~19cm
定価 43,780円(税込)

⇒アンダーン(UNDONE)の公式サイトはこちら

AERO SCIENTIFIC

アンダーン UNDONE エアロ AERO 時計 特徴 スペック
出典:https://undone.co.jp/

AERO SCIENTIFICは、ヴィンテージ感のあるアイボリーのダイアルと水色の針の組み合わせがGOOD!

AERO COMMANDOとはまた違った温かみのある雰囲気で、女性が身に付けてもよく似合いそうなモデルです。

AERO SCIENTIFIC のスペック

材質 316Lステンレス(ケース)/レキサンポリカーボネート(風防)
ケースサイズ 40mm(幅)/15mm(厚さ)
ケース重量 66g
ムーブメント TMI NH35A/NH39(SEIKO Manufacturing H.K. Limited)
駆動方法 機械式自動巻き (21,600振動/時)
時刻精度 平均日差 ±20~40秒 (常温時)
防水性能 100m/10ATM (生活強化防水)
ベルト幅 20mm
腕周り 14~19cm
定価 43,780円(税込)

⇒アンダーン(UNDONE)の公式サイトはこちら

エアロ(AERO)購入の際に注意したいこと4つ

アンダーン UNDONE エアロ AERO 時計 特徴 スペック

エアロの魅力については、ここまでご紹介してきた特徴などを通じて、ある程度は把握できたのではないでしょうか。

そこで、ここからは敢えて、購入の際に注意したいこともお伝えしようと思います。

  • クォーツよりも精度が劣りメンテナンスコストもかかる
  • 通常使用でも風防に傷が付く可能性がある
  • ケースの厚さ15mmはやや厚い
  • 既製品モデルにステンレスのベルトが存在しない

T.A.
エアロを購入する際の注意点は上の4つ。
以下に、それぞれについて詳しく解説していきます。

クォーツよりも精度が劣りメンテナンスコストもかかる

クォーツ(電池式)の時計なら日差は数秒、電波時計なら日差は無いに等しいでしょう。

しかし、エアロは機械式で、日差は平均で ±20~40秒。

精度を求める人には向いていません。

また、これは全ての機械式時計にいえることですが、エアロも使い続けるためには、いずれ必ずメンテナンスが必要になります。

メンテナンス代もクォーツや電波時計に比べて、高額になることが予想されます。

長く愛用するには、それなりの維持費も覚悟しなければなりません。

通常使用でも風防に傷が付く可能性がある

一般的に高級時計の風防にはサファイアクリスタルが使われており、サファイアクリスタルは通常使用ではまず傷が付かないほどに硬いことで知られています。

しかし、エアロに使われているレキサンポリカーボネートは所詮「樹脂」なので、耐傷性という点においてはサファイアクリスタルには遠く及びません。

そのため、使用に際しては風防にある程度は傷が付くことは覚悟し、その傷も「味」として愉しむくらいの気持ちでいたほうが良いかもしれません。

ケースの厚さ15mmはやや厚い

おそらく、ムーブメントの厚さがケースの厚さにも影響していると思われますが、15mmという厚さは腕時計としては比較的厚いほうです。

15mmもあるとケースがシャツの袖に引っかかったり、ふとした時に壁や机にぶつけてしまったり、といった具合に、多少の使いにくさを感じることが多くあります。

ただ、ケースの厚さは、考えようによっては「迫力」や「ボリューム感」といったメリットにもなるので、必ずしも悪いことばかりではありません。

既製品モデルにステンレスのベルトが存在しない

時計のストラップとして最も耐久性に優れ、メンテナンスもしやすいのはご存知の通りステンレスです。

しかし、エアロの既製品モデルのストラップは、「AERO COMMANDO」はコーデュラ、「AERO SCIENTIFIC」はカーフです。

一番使い勝手のいいステンレスのベルトがないのは、少々残念と言わざるを得ません。

ただ、この悩みはカスタマイズすることで解決できます。

カスタマイズでは、ステンレスのベルトを選ぶことができます。

他にも、NATO、パーロン、デニムなど、選べるストラップの種類は豊富に用意されています。

この記事のまとめ

アンダーン UNDONE エアロ AERO 時計 特徴 スペック

敢えて「購入の際に注意したいこと」という切り口でも書いてみましたが、それらはどれも視点を変えればエアロの「個性」として純粋に楽しむこともできるでしょう。

人によっては全く気にならないかもしれませんし、逆に理解することでより魅力的に感じることもあるかもしれません。

ちなみに、「UNDONE JAPAN」の正規品については、購入後1年間の保証が付いていたり、保証期間終了後も有料でメンテナンスが受けられるなど、安心して使用できる環境が整っています。

エアロの他にも、アンダーンのコレクションは魅力的なものばかりです。

エアロ以外のコレクション コレクションの特徴
URBAN クォーツのクロノグラフ/ケースサイズ40~41.8mm(男性向け)
URBAN34 クォーツのクロノグラフ/ケースサイズ34mm(女性向け)
BASECAMP 機械式の三針ヴィンテージ&ミリタリー風ウォッチ/男性向け
AQUA 機械式の三針ダイバーズウォッチ/男性向け
TERRA 機械式の三針パイロットウォッチ/ケースサイズ37mm(ユニセックス)
Stellar クォーツのクロノグラフ/ケースサイズ40mm(男性向け)と34mm(女性向け)

T.A.
機械式だけでなくクォーツのコレクションもあれば、ダイバーズウォッチ、クロノグラフなど、デザインや雰囲気が全く異なるモデルもあります。
エアロに魅力を感じたなら、他のコレクションもあわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

⇒アンダーン(UNDONE)の公式サイトはこちら

【修理】と【買取】を依頼する前に読みたい記事
人気の時計ブログはこちら
#SHARE

T.A.
この記事がいいなと思ったら、ぜひシェアをお願いします!
おすすめの記事