シチズンの修理オーバーホールはどこでしたらいい?メンテナンスを依頼する流れについて解説
[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

シチズンの腕時計を修理またはオーバーホールする場合、購入した店舗に相談するのが一般的です。

シチズンウォッチオフィシャルサイトにも、次のような記載があります。

時計をご購入いただいた購入店にご相談ください。」
出典:https://citizen.jp/faq/detail/id6

とはいえ、購入店まで足を運べない、どこで購入したかわからない、といった場合もあるかもしれません。

わざわざ購入店まで時計を持って行っても、その場で「修理不可」と言われてしまう可能性も十分にあります。

そのため、できるだけスムーズにシチズンの腕時計の修理やオーバーホールを依頼するにはどうしたら良いか、以下に詳しく解説してみます。

T.A.
特にシチズンの古い時計をお持ちの場合は、ぜひ最後までチェックしてみてください。
シチズンの修理オーバーホールでおすすめは【クラフトワーカーズ】

優秀な職人に直接依頼できるのはクラフトワーカーズだけ

スポンサーリンク

メーカーの「修理受付不可能な時計」に該当しないか調べてみよう

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い

シチズンの腕時計は製造中止から7年以上経過しているモデルについては、各部品の保有期間が終了している場合があります。

ということは、特にアンティークやヴィンテージといった古い個体は、メーカーに部品が無いために修理を断られる可能性が高そうです。

実際にそういったケースが少なくないのか、メーカーには予め「修理受付不可能な時計のご案内」というコンテンツが用意されています。

そのため、まずはメーカーの「修理受付不可能な時計」に該当しないかを自分でネットで調べてみましょう。

そうすることで、「せっかく時計を持ち込んだのに(送付したのに)修理を断られた」といった残念な事態を高確率で回避することができます。

尚、モデルの機種番号(キャリバーNo.)がわからない時のために、こちらではその確認方法が詳しく説明されています。

修理料金もネットで調べられる

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い
「 エコ・ドライブ ワン」「 ザ・シチズン」「 カンパノラ」「 シリーズエイト(2020年以前の発売モデル)」の修理料金については、シチズンウォッチオフィシャルサイトの「シチズン オーナーズクラブ」対象製品の修理料金に記載があります。

それ以外の修理料金については、以下の方法で簡単に調べることができます。

まずは、シチズンウォッチオフィシャルサイトの修理料金についてにアクセスします。

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い

次に、白い四角の中に機種番号を入力するだけでOKです。

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い
出典:https://citizen.jp/shop/promaster/g/gNB6021-17E/

試しに上の画像の時計(プロマスター MARINE メカニカルダイバー 200m NB6021-17E)の修理料金を調べてみましょう。

白い四角の中にNB6021-17Eの機種番号である「9051」を入力します。

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い

すると、結果はご覧の通り。

内装修理(分解掃除)は20,000円、外装修理は7,100円+部品料金、指定箇所修理は3,850円+部品料金という結果が出ました。

これらはあくまで目安ですが、簡単におおよその修理料金を把握することができます。

メーカーに修理やオーバーホールを依頼するには

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い

メーカーに修理やオーバーホールを依頼するには、購入店に相談する以外にも大まかに2つの方法があります。

  • 最寄りのシチズン取扱店に相談する
  • メーカーに直接申し込む

購入店でなくても、どこかしらのシチズン取扱店を通じてメーカーにメンテナンスを依頼することは可能です。

最寄りのシチズン取扱店は、こちらで検索できます。

ただ、その際はおそらくメンテナンス料とは別に取次手数料が発生するので、その点はデメリットになるかもしれません。

メーカーに直接申し込む場合は、自分で時計を梱包して送付する必要があります。

その場合も「Webで修理を申し込む方法」と「修理申込書を作成して時計と共に送付する方法」の2パターンがあるのですが、それについてはこちらで詳しく説明されています。

メーカーで断られたら、または費用を抑えたい時は

シチズン 修理 不可 オーバーホール どこで 料金 安い
メーカーで断られても、街の時計修理店では対応できる場合があります。

時計修理店の中には古い部品をストックしていたり、部品が無ければ代替品を使用したり、あるいは部品を自作するなどして対応できるところもあります。

メーカーに依頼するより料金が安くなることもあるので、メンテナンス費用を抑えたい時も気軽に相談してみると良いでしょう。

時計修理店では、相談や概算見積もりだけなら無料で対応してくれるところが殆どです。

ただ、時計修理店を利用する際に最も気になることといえば、おそらくメンテナンスを担当する職人の「腕」ではないでしょうか。

その点、優秀な職人だけが在籍している「クラフトワーカーズ」なら、大切なシチズンの時計も安心して相談できます。

クラフトワーカーズでは複数の時計修理店から一括で見積りが取れるので、料金、納期、対応の違いを簡単に比較することもできます。

T.A.
シチズンの腕時計をメンテナンスする際は、クラフトワーカーズの「一括見積り」も試してみましょう。
納得して依頼できる修理店がすぐに見つかる【クラフトワーカーズ】

優秀な職人に直接依頼できるのはクラフトワーカーズだけ

  • 自分の時計にとってベストな修理店はどこ?
  • 優秀な職人にオーバーホールを依頼したい!

という場合は、特にクラフトワーカーズの「一括見積り」がおすすめです。

一括見積りは、時計を送らなくても、住所や電話番号を入力しなくても、複数の修理店の優秀な職人に一発で見積りを依頼できます。

料金や納期などの違いを安心、簡単に比較できるので、修理店を探すならあえて利用しない理由が見当たりません。

\入力は最短30秒

クラフトワーカーズに在籍する職人は、全て運営スタッフが直接交渉して契約したスペシャリストです。

その中から「この人こそ」と思った職人に、指名でオーバーホールを依頼できます。

不明点があれば、実際にオーバーホールを行う職人に直接質問できます。

不安や疑問は、すべて解消してからオーバーホールを依頼できるので安心感が違います。

【クラフトワーカーズ】の口コミはこちら
https://craftworkers.jp/voices/all/
スポンサーリンク
おすすめの記事