【解説】チューダーの正規オーバーホールの料金、保証期間、最適な頻度について

TUDOR(チューダー)の正規オーバーホール料金は、3針モデルで44,000円、クロノグラフで55,000円です。

これらは、いわばオーバーホールの基本料金です。

ムーブメント以外の修理や部品交換が必要な場合は、上記にプラスで料金がかかります。

T.A.
チューダーの正規オーバーホールについて、以下に掘り下げて解説します。

チューダーの正規オーバーホール料金

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

チューダーには、いわゆる「並行差別」というものがありません。

次のいずれに該当する時計でも、メーカーで同じサービスを同じ料金で受けることができます。

  • 国内正規品
  • 並行輸入品
  • 中古で購入した製品
  • 海外で購入した製品
  • 保証書が無い製品

保証書が無い製品は、保証期間中に保証適用範囲内の不具合が起きてもメンテナンスは無償では受けられません。

T.A.
もちろん、時計が本物であることが大前提です。
偽物・コピー品・改造品は、一切メンテナンスが受けられません。
アンティークなど、古いモデルも対応してもらえないことがあります。
チューダーの正規オーバーホール基本料金
時計の種類 メーカー標準価格
自動巻き 44,000円
クロノグラフ 55,000円

ムーブメント以外の修理や部品交換が必要な場合は、上記にプラスで料金がかかります。

また、研磨仕上げはオプションのため、別途料金がかかります(一部モデルは研磨仕上げの対象外です)。

チューダーの正規オーバーホールの窓口

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え
チューダーの正規販売店が徐々に全国に増えている現在では、オーバーホールの依頼もチューダーの正規販売店にするのがスタンダードになりつつあります。

チューダーの正規販売店は、こちらから検索できます。

近くにチューダーの正規販売店がない場合は、購入店、最寄りの時計店、デパートの時計修理コーナーなどに相談すれば、メーカーへの取次をしてもらえる可能性があります。

また、日本でチューダーの正規展開がなかった頃のように、現在でもおそらくロレックスの正規販売店やサービスカウンターからもオーバーホールの依頼ができるでしょう。

T.A.
取次をしてもらう際は、予め取次手数料や往復送料がいくらになるかを聞いておくと安心です。

チューダーのオーバーホールを依頼する際に必要なもの

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

チューダーのオーバーホールは、時計さえあれば受け付けてもらえます。

箱やその他の付属品は要りませんし、保証書もなくても特に問題はありません。

ただ、保証期間中の保証書があれば、念のため時計と一緒に預けておくと良いでしょう。

チューダーの場合、2020年1月1日以降に購入した時計には5年間、2018年7月1日から2019年12月31日までに購入した時計には3年6ヶ月間の国際保証が付いています。

万一オーバーホールの際にメーカーの過失による不具合が見つかった場合は、保証期間中であれば無償でメンテナンスが受けられる可能性があります。

保証期間中でも、保証書を忘れたり、紛失していたりすれば保証は適用されません。

尚、チューダーの保証書は、原則どんな理由があっても再発行はしてもらえません。

チューダーの正規オーバーホールは載せ替え

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え
オーバーホールといっても、チューダーの正規の場合はムーブメントの載せ替えです。

しかも、新品に載せ替えではなく、他人の同モデルから外されたムーブメントの且つ予め整備が済んでいる物に丸々交換されるということです。

余談ですが、カルティエのオーバーホールも載せ替えであることは、時計ファンの間では昔からよく知られていることです。

「どうせ載せ替えなのだから、時計が止まるまで使い倒そう」そう考える方も多いのではないでしょうか。

「載せ替えではつまらない」「それでは機械式時計を所有している意味がない」そういった声も聞こえてきそうです。

載せ替えに納得できない方は、従来通りのオーバーホールを行っている街の修理店をあたってみましょう。

汎用ムーブメント(またはそれらをベースにしたムーブメント)のモデルは、多くの修理店でメンテナンスが可能です。

特にCal.2784やCal.7750を搭載した過去のモデル(プリンスデイト・クロノタイム・etc.)は比較的オーバーホールがしやすく、修理店の多くが得意とするところです。

逆に、近年増えている自社キャリバーのモデル(ブラックベイクロノ・ブラックベイGMT・ノースフラッグ・etc.)に対応できる修理店はまだ少ないかもしれません。

チューダーの正規オーバーホールの保証期間

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

チューダーの場合、メーカーで有償のメンテナンスを受けた時計には、修理完了日から2年間の保証が付きます。

対して、修理店でメンテナンスを受けた場合は、大体6ヶ月~1年間の保証が付くのが一般的です。

メーカーによるメンテナンスでも、ブライトリング、タグホイヤーの保証期間は、修理完了日から1年間です。

以上のことから、メーカーとしてのチューダーの保証はとても手厚いといえるでしょう。

チューダーのオーバーホールは何年周期がベスト?

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

オーバーホールの周期や頻度については、先ほどの「どうせ載せ替えなのだから、時計が止まるまで使い倒そう」の場合だったら、「使えなくなったら仕方なく出す」という流れになるのが自然かと思います。

それもオーバーホールに対する1つの考え方としては、“アリ”なのかもしれません。

ところが、ムーブメントはそれで良しとしても、他の部分で深刻な問題が起こる可能性は否定できません。

具体的には、時計が止まるよりも前に、リューズ周りや裏蓋のパッキンは劣化していることが予想されます。

そして、気付かぬうちに内部に湿気や水気が侵入してしまう恐れもあります。

湿気や水気は、ムーブメントだけでなく針や文字盤にも錆や腐食を発生させる原因になります。

針や文字盤の交換ともなれば当然、費用はオーバーホールの基本料金の範囲では納まらなくなります。

そのため、目に見える不具合が出ていなくても、パッキンの劣化を考慮して早めにオーバーホールするのも1つの手です。

時計が止まってからオーバーホールする場合は、無用に水や汗に触れないように注意することもトラブルを最小限に抑えるためには必要なことです。

ムーブメントの載せ替えではなく、修理店で従来通りのオーバーホールを受けるなら、その周期は3~4年に1度を目安にすると安心です。

元々ムーブメントには、各部品がストレスなく稼働するように潤滑油が塗布されています。

この潤滑油が使用に伴い汚れたり劣化したりするのは、どうしても避けられないことです。

使用しなくても、潤滑油は温度や湿度、経年などの影響を受けて気化したり、酸化したりするのもまた仕方のないことです。

このような状態を放置したまま時計を使用すれば、部品同士は激しく摩耗し、いずれ劣化や損傷などの不具合が生じるようになります。

3~4年に1度のオーバーホールで都度不具合を取り除き、潤滑油を塗布し直すことは、消耗品以外の部品を深刻なダメージから守ることに繋がります。

結果的にオリジナルのムーブメントを使い続けられることにもなるので、定期的なオーバーホールは欠かさないようにしましょう。

街の時計修理店におけるチューダーのオーバーホール料金

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

チューダーも他のブランドと同様に、正規代理店よりも街の修理店にオーバーホールを依頼したほうが料金が安く、納期も早くなることが多いです。

修理店のチューダーのオーバーホール基本料金(相場)

時計の種類 オーバーホールのみ
自動巻き 25,000円
クロノグラフ 35,000円

修理店では研磨(新品仕上げ)は、オプションサービスになっていることが殆どです。

オーバーホールと研磨をセットで依頼する場合は、上記の金額にプラス1万円~1万5千円くらいを想定しておくと良いでしょう。

チューダーのオーバーホールでおすすめの修理店3選

T.A.
次の3社は、いずれもチューダーのオーバーホールをリーズナブルな料金で提供している時計修理専門店です。
遠方からは(全国どこからでも)宅配による修理依頼が可能です。

ウォッチカンパニー(WATCH COMPANY)

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

MEMO
業態 時計修理専門店
オーバーホール納期 約2週間
オーバーホール後の保証期間 1年(アンティークは6ヶ月)
決済方法 現金/銀行振込/クレジットカード
チューダーのオーバーホール基本料金
時計の種類 オーバーホールのみ オーバーホール+新品仕上げ
自動巻き 22,000円 33,000円
クロノグラフ 33,000円 44,000円
特徴
  • 修理実績が豊富(年間25,000本以上)
  • オーバーホールの納期が早い(見積連絡は原則3営業日以内、修理期間は最短で2週間)
  • 時計専門雑誌「パワーウォッチ」でもお馴染みの有名店

シエン(CIEN)

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

MEMO
業態 時計修理専門店
オーバーホール納期 約3週間
オーバーホール後の保証期間 1年(アンティークは6ヶ月)
決済方法 現金/銀行振込/クレジットカード
チューダーのオーバーホール基本料金
時計の種類 オーバーホールのみ オーバーホール+新品仕上げ
自動巻き 25,300円 33,000円
クロノグラフ 37,400円 45,100円
特徴
  • 自社で修理を行うため、オーバーホールの納期も問い合わせに対する回答も早い
  • 1級時計修理技能士や元有名メーカー技術者など、経験豊富な職人が修理を担当
  • 新品仕上げのプライスとクオリティーは、全国でもトップクラス

オロロジャイオ(OROLOGIAIO)

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

MEMO
業態 時計修理専門店
オーバーホール納期 3週間~
オーバーホール後の保証期間 1年(アンティークは6ヶ月)
決済方法 現金/銀行振込
チューダーのオーバーホール基本料金
時計の種類 オーバーホールのみ オーバーホール+新品仕上げ
自動巻き 19,800円 33,000円
クロノグラフ 30,800円 44,000円
特徴
  • 1級時計修理技能士をはじめ、経験10年~30年のベテランの職人だけが在籍している
  • オーバーホールの料金設定がとてもリーズナブル
  • 月替りでオーバーホール料金が割引になるキャンペーンがある

T.A.
3社共に問い合わせや見積もりは無料です。
特に料金の安さや納期の早さを重視するなら、修理店でのオーバーホールも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

チューダー チュードル TUDOR 正規 オーバーホール 修理 料金 費用 何年 頻度 周期 載せ替え

チューダーの正規オーバーホールは、ムーブメントの載せ替えです。

載せ替えについて賛否両論あることは想像に難くありませんが、それによってオーバーホールの納期が短縮され、費用も抑えられるなどユーザーが享受できるメリットも少なからずあるはずです。

メーカーとしては、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みの一環で、できるだけスイス送りの修理を無くしたいという意向があるようにも見受けられます。

T.A.
一チューダーファンとしては、そんなメーカーの姿勢を支持したいです。

もちろん、載せ替えに否定的な意見があっても、それは大いに結構なことだと思います。

ユーザーは納得がいかなければ、修理店で従来通りのオーバーホールを受けることもできます(一部それができない時計もあるかもしれませんが)。

いずれにしても、ユーザーは自身にとって最適な方法でオーバーホールを依頼し、末永くチューダーの時計を愉しめたら、それがベストなのではないでしょうか。

“最適で最高”の職人が見つかる【クラフトワーカーズ】

安心して任せられる修理店をお探しであれば、クラフトワーカーズの「まとめて見積もり」が便利でおすすめです。

まとめて見積もりは時計を送ったり、住所や電話番号を入力したりする必要がありません。

複数の修理店の職人に一括で見積もりを依頼でき、料金や納期の違いを簡単に比較できます。

さらに、クラフトワーカーズには、次の6つの特徴があります。

  • 担当する職人を選べる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 時計修理技能士1級など、全ての職人が資格を持っている
  • 修理後1年間の保証が付くので安心
  • 見積もり・送料が無料

職人は全員、時計修理資格の保有者です。つまり、一定の技術以上を持ち合わせた職人だけが在籍しています。

未熟な技術者が修理やオーバーホールを行うことはありません。

メーカーよりも安い料金で優秀な職人によるメンテナンスが受けられ、修理後は1年間の保証が付きます。

職人を選ぶことができる仕組みは、時計修理業界ではクラフトワーカーズが初めてです。

不安や疑問に思うことがあれば、実際にメンテナンスを行う職人に直接聞くことができます。

職人とダイレクトにやり取りするため、事前に気になることは解決した上で、安心してメンテナンスを依頼できます。

クラフトワーカーズのまとめて見積もりはこちら
https://craftworkers.jp/bulk_quote_request/regist

クラフトワーカーズの口コミはこちら
https://craftworkers.jp/voices/all

【修理】と【買取】を依頼する前に読みたい記事
人気の時計ブログはこちら
#SHARE

T.A.
この記事がいいなと思ったら、ぜひシェアをお願いします!
おすすめの記事